ウーマン

おりものの臭いが変化│ストレス性や病気との関連

腐敗臭に似た分泌液は注意

悩むレディー

女性は体調不良になってしまうと、おりものにも変化が起こります。その変化には日頃から十分に注意しておく必要があります。臭いの変化は特に、病気との関連性が関わってくるので、異変を感じたら専門機関を受診するようにしましょう。では、どのような、おりものの臭いに注意すれば良いのか、いくつかの変化をあげていきます。例えば、強い酸味のような臭いを発するおりものになった場合、性病感染の可能性があります。性病の中には女性のみ体調に変化が起こる病気もあるので、もしも性病感染の疑いがあるなら婦人科で検査を行ないましょう。酸味のような臭いのおりものは、膣内の常在菌の増殖によって発せられることもあります。常在菌の増殖の原因は、汗や皮脂量の増加で常在菌のエサが増えることで起こってしまいます。そのため、夏場や汗を大量にかいた時は、常在菌が繁殖しやすくなってしまうのです。常在菌の存在そのものは、膣内のペーハーを維持するために必要ですし、外部からのウィルスの侵入を防いでくれるので必要です。しかし、増えすぎると膣内のバランスも崩れてしまうので、適度な潤いを維持しつつも清潔に洗浄しなければなりません。膣内を洗浄する場合は、専用のケア用品を使って優しく洗浄します。ジェルタイプやソープタイプのケア用品なら、膣内のペーハーのバランスを崩すことなく洗浄できるのでオススメです。潤いが不足しているようなら、ローションで補うと膣内の乾燥を防ぐことができます。